ブログ

菊乃井特別純米酒 魅力

私が鳴海醸造店に入社したのは平成5年4月です。その当時からあった種類が菊乃井特別純米酒1800mlです。当時は菊乃井純米酒のラベルに肩貼に「特別純米酒」という文字が書いてありました。表ラベルの中央には「純米酒」の文字がデカデカと(笑)昭和の時代は、「純」でした。純米酒のさきがけで「純」を出したのですが時代が早かったのでしょうか?720mlには同一のラベルが無くて中身は同じで「純米酒こみせ720ml」と「繫盛(はんじょう)ボトル720mlねぷた絵デザイン」がありました。繫盛ボトルとは720mlの前は900mlの瓶に入れて販売していたみたいです。1升(いっしょう)1800mlの半分900mlなので半分の升と繫盛をかけたのですね!昔おやじが酒造組合の副会長をしていたので広報委員の担当でした。私は代理で銀座に日本酒の販売員として派遣されたのを思いだしました。デザインがいまいちだったこともあるし酒質にも納得していなかったのか!お客様に試飲をさせては違うメーカーの日本酒ばかりを販売していたのでした。先輩に声をかけられて「鳴海君・・・自分の日本酒を積極的に売っていいんだと」と言われた記憶が今でも強く残っています。当時の私は自己主張もろくにできずに自分で自分を責めていたような気もします。そう言った経験が無駄にはならないことを今になって逆に感謝できることが嬉しいことです。いろいろと思い入れのある商品でしたが、ブログ特集として掲載するのは遅くなりましたがご紹介させて頂きます。

菊乃井特別純米酒のお米は?

菊乃井特別純米酒の米は「華吹雪」を使用しています。「華吹雪」は平成元年に奨励品種になったのでそれ以前の米はなんの品種を使用していたのかは不明です。平成5年以降は精米歩合は60%です。それ以前も60%だと思います。一環して「華吹雪」を使用するのにはいい米の証拠だと思います。

菊乃井特別純米酒の酵母は?

以前は協会〇〇号とか使用していましたが、近年は「まほろば華」でこだわって仕込んでいます。「まほろば華」は発酵力も旺盛で目的の日本酒にふさわしいと思います。

菊乃井特別純米酒のコンセプト

菊乃井特別純米酒は辛口で米の旨みをいかした日本酒がコンセプトです。香り系の酵母は使用せずに純粋に辛口な日本酒が飲みたい。料理と合わせるので無駄な香りは必要ないという方におすすめ致します。

菊乃井特別純米酒の全体画像

菊乃井特別純米酒の全体画像

シンプルイズベストです。白のラベルに赤色の箔でまとめてみました。名付けて菊乃井レットです。晩酌するにはもってこいの日本酒になります。

菊乃井特別純米酒のラベルアップ写真

菊乃井特別純米酒のラベルアップ写真

おおデカデカですね(笑)こう見ると赤色の箔が分かりますね!菊乃井の文字が新しくなって初めて発売した商品になります。

菊乃井特別純米酒のカートン

菊乃井特別純米酒のカートンです。

1800mlと720mlともにカートンに入っています。300mlの商品はカートンなしです。

菊乃井特別純米酒に合う料理は刺身

菊乃井特別純米酒にある酒のつまみはお刺身です。まぐろ・はまち・サーモンなんでも合います。飲食店に行けばおすすめ3点盛とかを注文するのもいいですね!スーパーのお刺身盛り合わせを買ってご自宅でも宜しいですよ!ブログを書きながらよだれが垂れてきます(笑)

まごころふるさと便でも販売しています

https://furusatobin.jp/kikunoi/index.html

さいごに

短いブログで申し訳ございません。酒造りが終わったら付け加えるかもしれません。
度々訪れてくださいね!(^^)!

 

菊乃井本醸造辛口 魅力

 

創業文化三年、津軽の風土が醸した希少な美酒の数々を。

青森の地酒 菊乃井 稲村屋文四郎 稲村屋

株式会社鳴海醸造店

杜氏兼社長 鳴海信宏

Facebookページのフォローもよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/narumijozoten/