ブログ

2020 菊乃井押粕(練粕) 発売中

お知らせです。
菊乃井の普通粕・吟醸押粕が発売しました。
また、8月中旬には大吟醸押粕が発売予定です。
ブログにて情報を発信させて頂きます。

鳴海醸造店店舗の販売所

これは、普通の押粕ですね。左が500gで税込200円、右が1kgで税込300円

鳴海醸造店店舗の様子2

中央が、2kg税込600円、右側が吟醸1kg税込400円

鳴海醸造店店頭にて

光の当たり具合で色が濃く見えますね!実際来てみてください。
例年ですと試食もしていますが、コロナ禍なので試食なしです。
近日中に鳴海醸造店オンラインストアでも購入できます。

https://furusatobin.jp/kikunoi/#NJ8

押粕とは

押粕とは、練粕(ペイスト状)のことを意味します。
お味噌みたいに柔らかいものです。
1月~3月に掛けて醪(もろみ)を搾ったものをとると板状の粕が取れます。
板粕は、粕汁・甘酒を作る時に使用します。
板粕を細かく刻み焼酎と一緒に常温で熟成させたものが押粕になります。
漬物に使ったり、肉・魚料理に使用します。
詳しくは過去のブログをご覧ください。

吟醸押粕とは

押粕の中で吟醸押粕とは、精米歩合50%の純米吟醸の醪(もろみ)を搾った粕です。
精米歩合を知りたい方は↓

精米歩合とは 特別純米酒と純米酒の違い 菊乃井

普通押粕とは!

精米歩合60%~65%の醪(もろみ)を搾った粕です。
上記は、鳴海醸造店の規格です。
鳴海醸造店では、一番黒い白米が65%だからなのです。

押粕を使用したレシピを紹介

酒粕入り レーズンバター

過去のアーカイブ

2019 菊乃井酒粕(練粕)発売中

2019 酒かすの効能 ~菊乃井編~

2018 押粕(練粕)のお話

2020 酒粕のパワーにあっぱれ!

 

創業文化三年、津軽の風土が醸した希少な美酒の数々を。

青森の地酒 菊乃井 稲村屋文四郎 稲村屋

株式会社鳴海醸造店

杜氏兼社長 鳴海信宏

Facebookページのフォローもよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/narumijozoten/