ブログ

2021 アウトプット展 見学

こちらのアウトプット展2021の展示は令和3年8月28日をもって終了しました。

2021アウトプット展ですが、令和3年8月9日(月)に掲載されたものですが、私が実際8月22日行って来ましたのでその模様を追記させていただきます。

青森県立美術館

期間は令和3年8月28日(土)となっています。23日(月)は休館日ですのでご注意ください。県立美術館なので新型コロナウイルス感染症拡大で中止になる可能性もあるのでご興味のある方はお早めにお出掛けくださいね。

青森県立美術館アウトプット展へ

青森県立美術館へ行きました。

駐車場に車を停めてアウトプット展に向かいました。駐車場は無料です。駐車場から美術館までは少し歩きますが天気も良いのでワクワクです。大・タイガー立石展が大きく宣伝させています。

県立美術館までの道のり

県立美術館までの道のりの写真です。緑が多く広々として気分は良いです。

コニュニティーギャラリーまでの案内

アウトプット展のポスターが見えました。コニュニティーギャラリーまでの案内です。案内は大変分かりやすく順路に従って歩いて行きます。

大・タイガー立石展

大・タイガー立石展の大きなポスター掲示です。遠くからでも分かります。

大・タイガー立石展

アウトプット展のポスター

ご自由にお入りくださいの文字があるのに通り過ぎてしまいました。ここを通り過ぎて駐車場に出ました。さて、どこで開催しているのかな?右側に『自動扉』とありますが見つけられませんでした。扉の前でどこかな?とあたふたしていたらちょうど中から人が出てきました。なるほどね。良かった。受付があり、「入口が分からなかった」と話しているとなんと親戚のまさえちゃんがいるではないですか。びっくりしました。まさえちゃんもびっくりしていました。「来てくれてありがとう」の暖かい言葉を頂き、特別に館内を案内してもらいました。また、会場内のスタッフさんを引き留めて「この人が黒石市の鳴海醸造店の七代目の社長です。おいしい日本酒を造っていますよ。お酒のご用命があればいつでも私にお声掛けくださいね。」よっ、宣伝部長に採用しようかな。まあ、さておき写真撮影OKとのことでしたので、アウトプット展の作品を大まかに画像を中心にご紹介させていただきます。

アウトプット展、館内の作品

画像1

左側は、はがき代の大きさに細かく描かれています。

画像2

色合いが素敵な作品です。

画像3

歌手の【嵐】が好きな女の子で【嵐】の曲のタイトルに合わせて、作品が描かれています。

画像4

大きな作品です。色合いが特徴的です。

画像5

こちらの作品はポスターにも採用された作品です。青森県立浪岡養護学校全校共同制作作品になります。作品のタイトルは「つながるⅥ~あなたと私のお花を咲かせよう~になります。素晴らしい大きな作品です。

画像6

色んなお花を上手に描いています。卒業生の作品みたいです。

画像7

こんな作品もあります。細かいところまで描かれています。白い丸は照明の移りです。

画像8

この作品にひかれて、どうやって作成しているのかとお尋ねしましたら担当の学校の背院生が詳しく説明してくれました。木の枠に和紙を貼り付けして表現している作品でした。とても和紙で表現しているとは思えずにびっくりしました。

画像9

色合いもよく素敵な作品です。

画像10

こんな細かい絵はなかなか書けないと感動しました。色合いも派手といいますか、発想が天才的だと思いました。

画像11

この空間はまた芸術品でした。黒石高校の生徒が養護学校を訪れてインタビューした音声が所々から聞こえてきたり、養護学校の生徒が健常者の学校を訪れ絵の先生として指導する場面を写真撮影して作品に仕上げたりしています。詳しくは現場に行ってお尋ねくださいね。

画像12

アウトプット展を見ての感想をお客様に書いてもらい貼り付けしてしている様子です。私もお願いされまして『芸術品にふれて元気を頂きました。ありがとう』みたいなことを書きました。

アウトプット展にて記念写真

アウトプット展にて幼馴染みのまさえちゃんと記念撮影しました。写真撮影・掲載に承諾を得ましたので掲載されて頂きます。

記念写真

ブログ掲載には『華』が無ければなぁと思っています。今回の『華』は鳴海醸造店にポスターとパンフレットを持参してくれたまさえちゃんです。一緒に写真を撮るのは40数年来になります。写真撮影の時だけは、息を閉じてパシャリと。その後『連写』の嵐で2人も顔の表情がほぐれました。

記念写真2

にっこり。ご案内ありがとうございます。楽しかったです。

2021アウトプット展、8月9日掲載

いとこの松井さんとでもいいましょうか。まさえちゃんとでもいいましょうか。私にとってはまさえちゃんですね。母親の実家が隣の隣で歩いて0分の場所にあります。というわけで小さい頃からよく遊んでいましたね。まさえちゃんは、アウトプット展のポスターとパンフレットを持参してくれました。鳴海醸造店とはあまり関係ないですが、青森県の紹介で他県から観光で来るかもしれませんし、観光でなくてもアウトプット展を目当てに来てくれるかもしれません。画像を貼り付けして簡単にブログを掲載します。お時間のある方は入場無料とのことですのでぜひご参加くださいね。

アウトプット展、開催時期

青森県内の特別支援学校・福祉事業所の造形作品展になります。
期間は令和3年8月19日(木)~28日(土)となっています。23日(月)は休館日になりますのでご注意ください。開催時間は10:00~17:00になります。会場は青森県立美術館コミュニティギャラリーになります。

青森県立美術館

アウトプット展チラシ表

アウトプット展チラシ表

アウトプット展#3ということで今回で3回目のようです。面白みのある絵ですね。展示は5mもの大きいものもあるみたいです。ファンタスティックな気分に浸れそうですね。

アウトプット展チラシ裏面

アウトプット展チラシ裏面

詳しい詳細が書いていますのでご覧ください。

アウトプット展のお問い合わせ先

連絡先は、アウトプット展実行委員会事務局になります。2ヶ所あります。青森県立青森若葉養護学校内で電話は017-736-8951です。または、青森県立青森第二高等養護学校内で電話は017-742-6624になります。

アウトプット展、鳴海醸造店ポスター掲示

鳴海醸造店でのポスター掲示

アウトプット展のポスターです。鳴海醸造店の中町こみせ通りに貼っています。

中町こみせ通りの様子

まさえちゃん購入の日本酒は?

まさえちゃん購入の日本酒は?

まさえちゃん購入の日本酒は、稲村屋華さやか50になります。

稲村屋華さやか50

『わー、オレンジ色のラベルのもの、まだ飲んだことがない。これ買っていこう!!!』のような言葉です。五十代前半とは見えないお美しい方ですよ。飲みは大好きみたいなのですが教職員なので外飲みは2年くらい行っていないみたいです。以前は弘前市の鍛冶町でばったりと合ったこともありました。早く新型コロナウイルス感染症が収束して飲めるようになれば良いですね。そうそう、写真を撮るのを忘れていました。今度来た時、打診してみますかね。では。

 

弘前れんが倉庫美術館 見学

 

創業文化三年、津軽の風土が醸した希少な美酒の数々を。

青森の地酒 菊乃井 稲村屋文四郎 稲村屋

株式会社鳴海醸造店

杜氏兼社長 鳴海信宏

Facebookページのフォローもよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/narumijozoten/