ブログ

エール津軽 観光

先日あるスナックでの会話でエール津軽を宣伝しようと考えてました。
折角のキャンペーンあまり知られていないのではないか?
どこでスタンプラリーがやっているの?
もっと宣伝しようよ!担当者曰く 予算がもうないよー
だったら私がタダで掲載をしましょう!
でもネット環境がないと伝わらないよね( ;∀;)
これを見たあなた口伝えで年配の方もお誘いの上一緒に小旅行に行きましょう!!!
なんと特賞は 10万円相当だそうです。
鳴海醸造店は参加しておりませんが、幅広く地域が発展すれば活性化がされると思います。

まえがき

あおもり創生パートナーズさんの松田部長の話によると人が1名亡くなると年間100万円の消費が無くなるとの話を聞きました。観光客が消費する金額が平均3万円だそうで1名亡くなると33名の観光客を誘致しないといけないという話です。
また、ふるさと研究会というのが黒石市であるのですが、9月の定例会では
一般社団法人Clan PEONY(クランピオニー)津軽の専務理事兼事務局長の太田淳也氏を講師に迎え講演を頂きました。
演題は「手をつなぐ津軽地域」でした。弘前市など津軽圏域14市町村が協力し合って観光の間口を広げていく役割・窓口がClan PEONY(クランピオニー)津軽で来年DMO法人を目指しているとのことです。

エール津軽表

パンフレット表

8市町村の参加店でお買い物500円以上するとスタンプがもらえます。
特賞はなんと10万円相当だそうです。
あまり知られていないみたいなのでどしどし応募しましょう!
レッツ ゴウ

参加店舗一覧及び応募箱設置箇所記載のHP

http://www.city.hirosaki.aomori.jp/yelltsugaru/2020-0812-1819-42.html

参加店舗 黒石市 1

参加店舗 黒石市 2

エール津軽裏

エール津軽裏

スタンプの押している数に合わせて景品も異なってくるのだなー
折角なので9ヶ所まわりましょうか!?
真ん中は、FREE!!!

スタンプラリーの応募箱設置箇所

弘前市
弘前市役所 1F 総合案内付近
りんご公園
まちなか情報センター
黒石市
黒石市役所

http://www.city.kuroishi.aomori.jp/

津軽伝承工芸館

http://www.tsugarudensho.com/

松の湯交流館

https://www.kuroishi-matsunoyu.jp/

平川市
弘南鉄道 平賀駅
津軽おのえ温泉 日帰り宿 福家
道の駅 いかりがせき
藤崎町
藤崎町役場
ふじさき食彩テラス
板柳町
板柳町役場産業振興課
板柳町商工会
大鰐町
大鰐町役場企画観光課
大鰐町地域交流センター
鰐come
田舎館村
田舎館村役場企画観光課
道の駅いなかだて
西目屋村
西目屋村役場 1F 自動販売機 横
道の駅 津軽白神
もりのいずみ

お問い合わせ

【問い合わせ先】
エール津軽!!プロジェクトチーム事務局
(弘前市国際広域観光課内)
電話:0172-40-7017 FAX:0172-38-5867

https://yell-tsugaru.com/

さいごに

最後までご覧いただきありがとうございます。
津軽でつながる広域応募プロジェクトです。
私の生まれ育った津軽にはやはり愛着があります。広域で盛り上がっていきたいと思います。なお、応募締切は2回に分けてあります。
前半は10月31日(土)で後半は12月18日(金)です。
コロナ禍の中、身近な市町村を訪ねてみるのも面白いと思います。
知らない発見ができるかもです。

関連する過去のアーカイブ

2020 ユタカナ津軽 撮影

 

古津軽(こつがる) 鳴海醸造店

 

わのパス 鳴海醸造店

ブログの中から【カテゴリー検索】で 【観光】などからも
ピックアップできます。
お試しくださいね(^_-)-☆

創業文化三年、津軽の風土が醸した希少な美酒の数々を。

青森の地酒 菊乃井 稲村屋文四郎 稲村屋

株式会社鳴海醸造店

杜氏兼社長 鳴海信宏

Facebookページのフォローもよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/narumijozoten/