ブログ

ビーガン料理試食会

令和4年12月12日(月)蔵よしさんでビーガン膳の試食会が17:30から有り私も参加させていただきました。その内容を簡単にブログにしました。
ビーガンとは、肉とか魚を使用しないまた、動物性のものも使用しない料理のことをいうみたいです。例えばカツオで出汁を取ってもいけません。チーズなども牛の乳から作るので使用してはいけません。ビーガン料理制作するにはかなりの労力が必要になるということですね。鳴海醸造店から徒歩0分の蔵よしさんでビーガン膳を試食です。初めてのことでワクワクします。ちなみにビーガン料理派の人は日本酒も大好きでたくさん飲むみたいです。

ビーガン膳試食会

蔵よしさん提供のビーガン膳

蔵よしさん提供のビーガン膳になります。試食会なのでこの膳を2人位でシェアしていただきました。焼き鳥風、鰻風、魚がないお寿司、見た目も鮮やかな食をそそる画像です。

ビーガン晩酌セット

ビーガン晩酌セットになります。こちらに嶽(だけ)きみと舞茸の天ぷらが付きました。”きみ”とは、東北の方言で「とうもろこし」のことを言います。その他に蕎麦が付きます。左下のグラスに入っているのは日本酒です。なんと稲村屋純米吟醸生原酒無垢になります。私は無垢酒に蕎麦を付けて食べてみました。相性抜群でした。
鍋の中は何でしょうか?

鍋の中は、おでんでした。

鍋の中は、おでんでした。こちらもビーガン料理になります。青森だけに味噌生姜を付けて食べました。

蔵よしさんの風除室

ビーガン料理の試食会の場所は蔵よしさんになります。

蔵よしさんの次はレストラン御幸さんへ

蔵よしさんの次はレストラン御幸さんへ

右側の人は、株式会社ベス企画の本道佳子さんになります。今回のビーガン料理の先生みたいな指導者になります。中央は、旅の宿斉川の若女将さんの蘭子さんになります。
左側の人は国内旅行業務取扱管理者の佐藤春菜さんになります。今回はビーガン料理の写真をたくさん撮っていました。
皆さん写真撮影とブログ掲載了解していただきました。

料理が来るまでの様子です。

手前にいる男性は、株式会社インアウトバウンド仙台・松島観光事業執行役員の後藤光正さんになります。

レストラン御幸さんの晩酌セット

レストラン御幸さんの晩酌セットになります。こちらはビーガン料理ではありませんが、ビーガン料理でもこれから創作すると思います。
こちらの料理も2人でシェアしていただきました。美味しかったです。
手前の汁ものは、郷土料理の”けの汁”になります。

料理の写真を撮影している様子。

料理の写真を撮影している様子です。撮影者は、佐藤春菜さんです。

私の隣の人は?

私の隣の人は?

私の隣の人は?蔵よしの店主菊地さんです。写真NGとのことでしたがので可愛い蝶々を添付しました。

2件はしごしたら締めはビーガン料理スナック構想

スナック蔵s’やすらぎ

スナック蔵s’やすらぎで盛り上がりました。後藤光正さんが唄っています。

おまけの画像

仲良し二人組

仲良し二人組で記念撮影です。

 

創業文化三年、津軽の風土が醸した希少な美酒の数々を。

青森の地酒 菊乃井 稲村屋文四郎 稲村屋

株式会社鳴海醸造店

杜氏兼社長 鳴海信宏

Facebookページのフォローもよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/narumijozoten/