ブログ

2021年(令和3BY)もろみ 菊乃井

令和3BYの酒造りも順調に進んでいました。時間があったので令和3年12月25日現在のもろみの画像を掲載します。簡単なブログで申し訳ございません。

令和3年12月25日のもろみ1号

令和3年12月25日のもろみ1号

 

令和3年12月25日のもろみの第1号仕込になります。菊乃井で言えば上撰の日本酒になります。こちらの搾りを生で詰めたものが菊乃井しぼりたて生原酒ヌーボーになる予定です。仕上がった日本酒をきき酒して合格がでればヌーボーになります。1号もろみは仕込んでから今日で7日目になります。筋泡が出ている様子が分かりますかね?発酵は旺盛です。もう少しアップで見てみましょう。

第1号もろみアップ

第1号もろみのアップ

よくわかりませんよね。香りよく現在進行中です。

令和3年12月25日のもろみ、第2号

令和3年12月25日のもろみ、第2号です。今日で仕込んでから5日目です。

令和3年12月25日のもろみ、仕込第2号

こちらも筋泡が出ています。発酵旺盛です。米は黒石産のムツニシキを使用しています。今年も良い日本酒になるように頑張っていきます。では!!!

日本酒の造り方 鳴海醸造店

 

創業文化三年、津軽の風土が醸した希少な美酒の数々を。

青森の地酒 菊乃井 稲村屋文四郎 稲村屋

株式会社鳴海醸造店

杜氏兼社長 鳴海信宏

Facebookページのフォローもよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/narumijozoten/