ブログ

菊乃井(きくのい)ヌーボーの魅力 新酒

菊乃井(きくのい)ヌーボーの魅力について語ってみましょう!
皆様方の知りたいヌーボーを勝手に掲載させていただきます。

成分に関しては下記から最新の情報を得てください。

菊乃井 https://narumijozoten.com/kikunoi/

菊乃井(きくのい)とは?

創業文化3年(1806)青森県黒石市の中で最も古い歴史を有している。
代表銘柄は、「菊乃井」「稲村屋文四郎」「稲村屋」として多く知られる。「菊乃井」の名の由来は、二代目文四郎が菊の花を愛し、この芳香を酒に取り入れれば酒の楽しみもまた、一段と増し御得意先にも喜ばれるよう吟醸の搾りの際、槽口に菊の枝を置いて成功したことから始まる。昭和34年12月26日に現在の株式会社を設立。平成10年には、黒石市の文化財として指定。平成17年には、伝統的建造物群の町並みが指定されました。
私がまだ学生だった時代は、「きぐのい」と津軽弁ではないが訛りが入って「く」ではなく「ぐ」と発音するのが「つうな人」でした。当時は「きぐのいの2級酒」「まーんずめーなー」と晩酌には2級酒が定番だった頃が懐かしい。
「まーんず めーなー」を標準語に直すと「すごく おいしいです」と略されます。

菊乃井 https://narumijozoten.com/kikunoi/

ヌーボーとは?

私が株式会社鳴海醸造店に入社した平成5年には既に菊乃井ヌーボーという商品はありました。当時は普通酒の割合が約80%近くありました。
ヌーボーはもろみを発酵させて上槽(搾ること)する前に醸造アルコールを添加してそれを生の原酒のまま瓶詰めしている商品です。
ヌーボーの名前の由来は、ワインの「ボジョレーヌーボー」からきていると思います。
ボジョレーヌーボーは毎年11月の第三木曜日に解禁され、新酒のフレッシュな味わいを楽しむイベント的なものになっています。
ワインの新酒と日本酒の新酒をかけたのですね!

ヌーボーのキャッチフレーズ

季節限定商品・辛口で濃醇でありながらまろやかなお酒(無濾過生原酒)。濾過をしていないのでオリが入っています。よく混ぜてお飲みください。

ラベル・デザインを拝見

1800mlと720ml

全体の写真です。文字はピンク箔です。菊乃井の特別純米酒が赤箔なので間違えにご注意を!
ラベルがもっと見たい(^_-)-☆

こんな感じです。

ピンクの箔がカッコイイ!!!

飲んだ感想?

辛口で濃厚な味わい。そしてジューシーな味です。口の中で果物を連想する味わいがたまらなく好きです。私の一意見として聞いてくださいね!他の種類の酒で例えると高級ブランデーを飲んでいる日本酒版ていうところでしょうか?
どうですか!飲んでみたくなったでしょう!
昨年のイベントで試飲した時もそう思いました。ブランデーのVSOPだ!(笑)

相性のよい料理

日本酒自体しっかりとした味わいなので津軽のしょっぱい(塩辛い)味付にもきっと合います。あなたの今日の晩御飯のおかずは何でしょうか?
そーっとお知らせください。👂
きっと合うと思います。

飲み頃温度

10℃~15℃の常温でよいと思います。
香りを楽しむなら若干高めもいいと思います。
アルコールが高いので氷を入れてオンザロックもいいですね!
ブランデーみたいだからといって水割はおすすめできません。チェイサー(やわらぎ水)を用意して 酒・水・酒・水・酒と交互に飲んでください。

販売店は?

青森県内の酒類酒販店様でお問合せください。
蔵元のお問合せ先 株式会社鳴海醸造店 電話 0172-52-3321(8:00~17:00)
通販でも販売している店はあると思います。
検索してみてください。「菊乃井ヌーボー」

https://furusatobin.jp/kikunoi/index.html

最後に一言

今だけの限定の日本酒です。
あとは、要冷蔵商品になっています。お日様の当たらない冷暗所で保管してください。
冷蔵庫に入れば一番良いと思います。
残りわずかとなってまいりました。
興味のある方はお早めに!!!

 

創業文化三年、津軽の風土が醸した希少な美酒の数々を。

青森の地酒 菊乃井 稲村屋文四郎 稲村屋

株式会社鳴海醸造店

杜氏兼社長 鳴海信宏

Facebookページのフォローもよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/narumijozoten/