ブログ

稲村屋 吟烏帽子50 

稲村屋ブランドに新たな商品が生まれました。
申し訳ございませんが特約店限定出荷の日本酒となります。
その名は、「稲村屋 吟烏帽子50」いなむらやぎんえぼし50
皆様方の質問したいことを予想してブログを書かせていただきま~す。

稲村屋とは?

稲村屋とは、苗字帯刀が許されなかった時代、初代当主が文化3年(1806)商売を始める時にいただいた商号です。
凶作の時でも収穫があった田んぼの地名「稲村」を引用して名付けられました。
稲村の地名は、現在の黒石市の浅瀬石地区にある住所です。
ちなみに浅瀬石は本家があり、三女が分家して金屋から婿をもらったのが始まりです。

吟烏帽子とは?

吟烏帽子とは、ずばりお米の品種名です。お米といっても酒造好適米(日本酒専用の米)になります。耐冷性に優れた米と聞いています!
青森県を大きく分けると日本海側の津軽地区、太平洋側の南部地区があります。
南部地区では太平洋から冷たく湿った東風(ヤマセ)が吹き作物の生育も阻害する傾向にあります。南部地区の酒造メーカーが近場で育種できる青森県産の米が出来ないかと産業技術センター農林総合研究所と試行錯誤して完成された酒造好適米です。
試験醸造を経て昨年南部地区・下北地区の酒造メーカー4社が商品を発売しました。

吟烏帽子の系譜は?

吟烏帽子の系譜は、母方に山形酒86号(出羽の里)父方に黒2065(青系155号)で交配されて誕生しました。寒さに強い品種を作るには大変で誕生までには15年という長い年月がかかったと聞いています。
母方をさかのぼると「出羽燦々」「山田錦」「玉栄」「美山錦」「華吹雪」が出てきます。酒つうの方にはピンとくる品種名ですね!
青森県の未来を担う品種になると思います。

なぜ、吟烏帽子で日本酒を造ろうと思ったの?

青森県産の米で津軽も南部も関係ない。青森県産でいい米があったらいい日本酒が出来る!
精米歩合が40%でも磨けるお米だ。とか試験醸造のお酒を試飲しておいしいと思いました。
酒造組合からの使ってみないかとのアンケートに対し、
私も杜氏の身として新しい品種での酒造りに火がつきました。(やや大袈裟(^_-)-☆)

もう少しラベルが見たいよ!

ラベルは?

全体のラベル

詳しく見たい方は ↓

稲村屋 https://narumijozoten.com/inamuraya/

どど-ん

ラベルに八戸のお祭り「八幡馬」の烏帽子をイメージしたデザインが描かれています。

お値段は?

1800ml 4,000円(外税)
720ml 2,000円(外税)
になります。カートンは付いておりません。
まずは、720mlを飲んでみてください。おいしかったら1800mlを購入してください。

日本酒の処理の仕方は?

もろみを上槽(搾ること)のあと、澱(オリ)があるためろ過の工程を行いますが、この商品はSFフィルターで素ろ過をして瓶詰めをしています。
瓶詰め時に65℃の温度で熱処理して殺菌をしています。(一回火入れ)

稲村屋吟烏帽子こういう人にお勧め!

カプロン酸エチル系のリンゴ(ゴールデンデリシャス)のような香りが苦手、でも純米大吟醸が飲みたい。
ややアルコール度数が高めの方が好き!
やや辛口でコクのある日本酒が飲みたい。
稲村屋の新商品が気になる!
稲村屋のファンだ!!!
ラベルがカッコイイ!!!
www

稲村屋 https://narumijozoten.com/inamuraya/

https://narumijozoten.com/blog/7100/

 

2020 菊乃井純米吟醸原酒 限定品 魅力 

創業文化三年、津軽の風土が醸した希少な美酒の数々を。

青森の地酒 菊乃井 稲村屋文四郎 稲村屋

株式会社鳴海醸造店

杜氏兼社長 鳴海信宏

Facebookページのフォローもよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/narumijozoten/