ブログ

鳴海文四郎の家系 銘酒菊乃井醸造元

鳴海醸造店 銘柄菊乃井 の ルーツを探る
代々文四郎を襲名している。

初代

初代文四郎は、旧尾上町(現平川市)金屋豪商佐藤喜助家が浅瀬石の鳴海久兵衛の三女を嫁に貰うところから始まる。子供は長男平吉、次男源三郎、三男俊吉(久〇一初代)。

二代目

長男平吉は黒石藩士となり、次男の源三郎が二代目文四郎となり新町中村家のフサと結婚する。子供は長女りの、二女は分家する(鳴三・鳴海要吉生家)、三女早生、四女たかは前町分家(西谷嘉三郎家作兵衛・丸二家初代)、五女サダ(宮川家理兵衛・横町分家丸り初代)、六女早生、七女(板柳町竹浪家へ)

三代目

長女りのが三男俊吉(久〇一初代)の長男俊作を婿にもらい三代目文四郎となる。
子供には恵まれず五女サダ宮川家理兵衛・横町分家丸り初代)の系統から養子をもらう。

四代目

四代目文四郎は横町鳴海理兵衛長男で代議士2期を務めた。嫁は板柳町竹浪家長女のタキをもらった。長女みきは分家(鳴海作兵衛次男彰次郎)、二女つね(金木山本家)、三女せき(大阪村元家)、四女りよ(横内忠徹へ)、五女けい(荒屋山口家)、長男敬夫が五代目文四郎となる。次男英夫は弘前竹内家のりつと結婚して分家する。

五代目

五代目文四郎は弘前山形家のつやと結婚する。長男勝文、次男早生、長女〇〇、二女〇〇、三男〇〇。

六代目

長男勝文が六代目文四郎を襲名。前町の〇〇と結婚する。

最後に

個人情報保護法のため、〇〇の名前は伏せさせていただきます。

 

むかしの菊乃井の話

むかしの菊乃井 黒石の歴史を振り返る

創業文化三年、津軽の風土が醸した希少な美酒の数々を。

青森の地酒 菊乃井 稲村屋文四郎 稲村屋

株式会社鳴海醸造店

杜氏兼社長 鳴海信宏